anpuの徒然日記

日々の日常の中から見つけた〝生き甲斐〟〝やり甲斐〟

余計な一言・相槌

【20200429】

※※※※※※※ ※※※※※※※ ※※※※※※※

こんにちは🌞

    

    

先日、

「鎌倉」についてのコトを

ブログに書きましたが、

たまたま一昨日(4/27)の夜、

所ジョージさんの番組で、

興味津々な鎌倉特集やってました

👇こちらは「テレビ西日本」のページですが、

一昨日観たのはTBSで22:00からでした

https://www.tnc.co.jp/sp/program/detail/tokoro/20200427

カッコつけだけで

日本史の教員免許取得課程

取ったこともあるからか⁉️

私、

「日本の歴史」には

折を見て思い馳せるのですね♫

※※※※※※※ ※※※※※※※ ※※※※※※※

【余計な一言・相槌】

   

   

以前のブログで書きましたが、

▫️ 安易な「(○○を)知らない」の連呼

▫️ 実際間違えてない相手の話に対し、

  「(それは)違う」と相槌入れちゃう

は気をつける、慎むべきフレーズです

    

   

更に 

先日はこんなことがありました

   

    

あまり評判が良くない「C氏」に対しての

「A氏」と「B氏」の会話です

   

 

A氏

「俺、C氏って全然話したことないんだよね」

B氏

「俺もないよ...」

   

   

会話としてはただそれダケ

なのですが、

横でこの会話を聞いていた私は

ビビッと来てしまったのです❗️

   

   

A氏って

「全然話したことない」

が正にクドいくらいの口癖なのです

   

f:id:kirakira2018:20200429114100j:plain

だからなのかB氏の

「俺もないよ」という返事、

ものすごくクールな、

呆れたかのような口調だったのです

   

    

先の

「(○○を)知らない」もそうですが、

「全然話したことない」って

得意げに言うようなフレーズではなく、

本来は恥じるべき事実なのです

   

    

意識して使ってしまうならば

勿論改善しなければならないし、

もし無意識に使ってしまっているのならば、

聞き手の印象を害してしまっている可能性大

   

   

私も内心うんざりしていたことが、

B氏の返答でふと気がついたのです

   

   

会話とかコミュニケーションは

思ったより相当デリケートで、

意識的に使う言葉は選ばないと❗️

そう痛感した次第です

f:id:kirakira2018:20200429114136j:plain

------------

  

     

     

     

今日は以上です

#コミュニケーション

※※※※※※※ ※※※※※※※ ※※※※※※※

   

『それぞれお互いが自分の経験を

「人に活かしてもらう」事で

世の中が大きく前進すると確信してます❣️

私も貴方の経験に

きっと助けられていて、

そしてこれからも助けられるから』

—————

発行者:ROMS 安西@anpu(安西義則)

【ご感想・ご質問等は】

anpuanpu@gmail.com

※※※※※※※ ※※※※※※※ ※※※※※※※