anpuの徒然日記

日々の日常の中から見つけた〝生き甲斐〟〝やり甲斐〟

今後の回復は「V字」か❓「そろり曲線」か❓

【20200527・今後の回復は「V字」か❓「そろり曲線」か❓】

    

こんにちは🌞

   

先日来書いている

NHK BS1で平日22時からやっている番組

「国際報道」

👇

https://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/bs22/index.html

    

    

いずれ色々ブログにも

反映させたいですが、

    

こちらを最近見始めてから

(生粋の早寝なので録画が主♫)、

世の中の見方、

自分の行動の振り返り等々、

変わりましたね❣️

   

  

別にこの世界を視野に入れた

番組内容をただただ礼賛するだけでなく、

その分他のニュース、

特に情報番組から

距離開けたことも大きいです

   

   

あの

女子プロレスラー自殺事件」

が社会に与えた影響は

メッチャ大きいですが、

僕は特に心揺さぶられたクチで...

    

ああいう報道からは

冷静に見られるようになるまで

少し距離を置いて

      

   

※※※※※※※ ※※※※※※※ ※※※※※※※

【今後の回復は「V字」か❓「そろり曲線」か❓】

    

   

ここで言う、

「V字回復がいいか❓」

それとも

「そろり曲線(ゆっくり、じわじわ❓)

回復がいいか❓」

というのは

たまたま今朝見た

某メルマガからのパクリで、

今日の内容とドンピシャで

リンクするわけではないでしょう🙇‍♂️

f:id:kirakira2018:20200527153952j:plain

   

   

今回の

「新型コロナウィルス」による

経済への深刻な打撃を考える際、

2008年のいわゆる

リーマンショック」が

度々取り沙汰されます

(参考)👇

http://www.am-one.co.jp/warashibe/article/chiehako-20190702-1.html

    

   

まあそもそも

両者は全く異なる背景であるのは

言うまでもありませんが、

    

リーマンショックと比べると今回は、

① 「人の命」という、

  何よりも守らねばならないことが

  終始つきまとい、

  やみくもに

  「経済最優先」を推し進められない

    

   

② 半面、

 「テレワーク」や「巣ごもり」など、

 新しいライフスタイルに乗じて

 むしろ「追い風」に乗ることが出来る

 業界、業種もある

  

   

以前のブログで私が

森永卓郎さんが

『現状は、日本に新しい会社が多数出来た、

ちょうど100年前(1920年頃)の

世界恐慌時に似ている』と言っていた」

という話を紹介しましたが、

   

    

上に挙げた①と②を合わせて、

   

    

「人の命、健康にまずはフォーカスし、

これからのライフスタイルに

よりマッチしたニュービジネス」

   

   

を模索するいい機会だと思います

   

f:id:kirakira2018:20200527154047j:plain

   

   

既にゲーム産業で強みを持つ

韓国などでその動きはありますが、

「VR(仮想現実)や

AR(拡張現実)を駆使した

より楽しく鍛えられる

『室内トレーニング動画』」

    

なんか面白そう❣️

ストーリー性を持たせてネ

   

   

ただ、

次にどんな事態が

また起きるかわからない、

それに方向性も定まらない etc

    

人間、命を大切にという

「大命題」を睨んだ場合は、

「V字回復」だけでなく、

「そろり曲線」程度のスピードで

色々な可能性を視野に入れておくのも

大切な気がします

   

    

-——

  

ホントのところは

私にはとてもわかりませんが、

今の地球は経済の停滞で

むしろ環境にはプラスになっているとか

   

   

そこも

「V字回復」に拘らなくてもいい理由の

一つだと僕は考えるのであります

    

   

※※※※※※※ ※※※※※※※ ※※※※※※※

   

『それぞれお互いが自分の経験を

「人に活かしてもらう」事で

世の中が大きく前進すると確信してます❣️

私も貴方の経験に

きっと助けられていて、

そしてこれからも助けられるから』

—————

発行者:ROMS 安西@anpu(安西義則)

【ご感想・ご質問等は】

anpuanpu@gmail.com

※※※※※※※ ※※※※※※※ ※※※※※※※